扱いにくい利用者への対応

1月 18, 2016 at 6:12 午前 • Posted in • No comments yet

介護職は、何よりも利用者がいるから成り立つ仕事となります。利用者を介護、支援していくことが主な仕事となりますから、どういった対応をしていくかが重要となります。しかし、利用者の中には様々な方がいるため、「もうこの利用者の対応をしたくないから、仕事を辞めたい」とつい嫌気がさしてしまうこともあると思います。

介護の仕事は様々なタイプの利用者を介護、支援していくことになります。みなさん接しやすい方であれば仕事へのやりがいも変わってくると思いますが、中には「接しにくい」「対応したくない」と思われる様な利用者の方もいるでしょう。利用者の中には、嫌がらせをしてくる方もいれば文句を言ったり暴力を振るってくる方もいるでしょう。時には、「あの職員を辞めさせろ」なんて言われることもあります。純粋で優しいタイプの人や介護業界に入ったばかりの人ほど、こういった状況になってしまうと「辞めたい」と感じてしまうそうです。
こういった利用者との関係に悩んでいる方は、まずは一人で抱え込まないことが大切です。利用者との関係に悩んでいるということは、それだけ仕事に没頭している、利用者のことを考えているということですから、仕事に自信を持って取り組んでいくと良いですよ。利用者の声というのは時には聞き流すことも必要となりますから、常に受け止めるのではなく、「これは聞かないでおこう」と受け流すスキルを身に付けていくことも大切です。どうしても対応しきれなくなった場合には、ケアマネージャーや先輩スタッフなどに相談してみると良いですよ。